teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 彼女、彼氏にビンタされた、したことある人(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


先生、たろさんまた元気いただきました!!

 投稿者:にーな  投稿日:2011年11月 8日(火)20時54分38秒
  たろさん!!お子様のお話聞かせていただいてありがとうございます。
実は私も鬼母してしまったこと何度とあり、たろさんのお話で少しほっとできました。
低学年の子供に「なんでできないの!!」「何回やってもできないなんて情けない!!」
など感情のコントロールきかずとてもひどい言葉を言ってしまい子供を傷つけてしまいました。そのたびに何度も自分を責め自己嫌悪に陥りました。明るく元気な息子ですが、「自分はばかだからわからん」というようになってしまいました。ほかの親だったらでこの子をもっと伸ばせるだろうに・・・私が親のせいで・・・

また、小学生卒業の際担任の先生に「このままだと勉強は中学でついていくのがやっとかも」と、はっきり言われたときにはショックでした。だめな親と言われた気がしまして。
中1からは親子喧嘩もひどくなっていきましたよ(笑)
でも、たろさんのおっしゃるとおりあるがままを受け止め この子なりに伸びていけばと思いだすと 焦りも和らぎだいぶ楽になりました。なんと遅い気づきでしょう!!
これも小河先生の本や教材に出会えやるべきこと見えたおかげです。
今は本人も自信をつけはじめて欲もでており、「俺ってすげえよね」とまでいう始末。
単純ですね。でも親がどんとかまえたら好転するというのを私も感じているところです。
うちの子も自分で歩いて花を咲かせてくれるといいな。

小河先生  大阪は今大変なようですね。教育関係でも色々新聞や雑誌で目にすることもあり、小河先生のお名前も拝見したりしましたので お忙しいのだろうなと思っておりました。
整理と対策の件ありがとうございます。未来シリーズも徹底的にを忘れかけておりました。
国語の長文も苦手な息子ですが まずはできることからやっていかせようと思っております。子供にも「大丈夫!大丈夫!力ついているよ」と早速声かけてみますね。
  
 
 

久しぶり!たろ節!

 投稿者:小河勝メール  投稿日:2011年11月 8日(火)14時52分44秒
  いやあ、たろさん!お元気そうで何より。たろ節が戻ってきましたね。
娘さんたちの様子も伺えて喜んでいます。みんなたくましい。
2003年の安曇野での合宿を思い出します。会いたいですね。
クープさん、トナーさん、皆さんどうしているのかな。
実はとても大阪はダブル選挙に陥り、大変で3週間も「中学生のひろば」を覗いておりませんでした。するとたろさんとニーナさんの会話に出会いびっくり。
まあ、とりあえずお元気で何よりです。
ところでにーなさん。
「整理と対策」は一般の書店の店頭には並んでいません。特殊な本屋さんか、アマゾンで取り寄せるしかありません。アマゾンで取り寄せることをお勧めします。
教科は英語が秀逸です。
それ以外は社会を除き、すべて「未来シリーズ」が抜群に優れています。これを3・3システムで問題も解説もすべて覚えてしまうほど繰り返し徹底的にやればいいのです。「国語」は基礎編だけでは入試には不十分ですが。
でも一番大事な細く長く続けることができ始めていることが何より大事なことです。これが
できるようになれば何でもできるようになります。お母さんは「どーんと構える」。そして「大丈夫。大丈夫。見てご覧少しずつ君の力はついてきているだろう」と励ましてあげてください。不安なのはむしろ子供のほうなのですから。
皆さん。また話し合いましょう。
 

(無題)

 投稿者:たろ  投稿日:2011年11月 8日(火)11時25分34秒
  そんなに褒めていただいても・・照れ(笑)私の恥をさらしましょうか?
長女が小学校低学年のころ、自分の理想と違う姿の娘に鬼のような母親になっていました。
あのときの私は本当に鬼だったのでしょう。「他の子はできるのに」「母親がちゃんとしないと」・・周りからの攻撃に耐えられず、その矛先を娘に向け、「なんでできないの!こんなこともできないなんて」・・責めました。
そして責める自分が嫌で
責める自分をまた責めて・・悪循環でした。苦しかった。ようやく娘自身を受け入れ、あるがままを受け入れ、一緒にあるきはじめたとき今度は長女に対するいじめ問題発生。
そのときはこちらに集うようになっていましたので皆さんからの支えは力でした。

悩むことも苦しむこともだれもがありますよ。

私のように鬼にならなかったにーなさんは凄いですよ。
いま、長女が20歳、次女が高校生になり自分の道をあるきはじめてから思うことは、ほんとうに「どーんと構えて」が大事なんだなって。
人生って長いんですよね。親の人生より子どもの人生って本当に長い。(当たり前か)
そんな長い人生、細く長く継続する歩みって本当に大事ですよね。息子さんはがんばってますね。「何があっても親は、家族は味方」って思うと子どもって自分でどんどん大きくなって、花を咲かせるときがくるのでしょうね。(うちの娘の花はいつ咲くのか・・汗)

一緒に勉強できる時期って楽しいですよね。うらやましいです。
うちの娘は最近母を邪魔にします(涙)「ばあ様のお世話してなさいって!」ですって

がんばりましょう。一緒ですよ
 

(無題)

 投稿者:にーなメール  投稿日:2011年11月 7日(月)12時59分56秒
  たろさん、早速教えていただきありがとうございます。
整理と対策ぜひ購入してみようと思います。

私がこの掲示版を拝見しだしたのが今年なので、たろさんのお嬢様方のご様子は昔の掲示板履歴で拝見したことがあります。とても芯が強く向上心のあるお子様方なのだな。と
いう印象(勝手な想像ですいません)をうけ、 私の中では羨ましい存在でもあり元気もいただいていたのでたろさんというお名前も覚えていました。(私がちょうど悩みまくっていた時期だったので・・・)
本当「どーんと構えて」私には必要な言葉です。
現在息子の成績はまだまだですが、もがいていて苦しかった状態がら少しづつ脱出でき、私も息子の夢を一緒にみてもいいのかな??と思えるようになりました。
現実は厳しいでしょうが・・・例え失敗があっても、まだ彼の人生先があり今努力していること、決して無駄にはならないと信じています。

お嬢様にもどうぞよろしくお伝えくださいね。ありがとうございます。

 

にーなさん

 投稿者:たろ  投稿日:2011年11月 7日(月)09時01分8秒
  おはようございます。うちの次女もそうでしたよ。希望の高校への入学なんて夢の又夢状態でした。去年の今頃。学校からは「かえたほうが」なんど言われたことか(苦笑)それでも変えなかったのは本人の頑固さでしょう(涙)
貫き通す条件に「私立合格」・・とんでもない親ですね。鬼と言われました。鬼はほめ言葉?と言い返す母
長女も次女も成績難ありでしたから(すまぬ。娘、ばらしてしまった)

細く長くが一番難しいことなのではないかと思います。
必ず大輪の花が咲くときがきます。それを夢見ましょう。いつも小河先生にいただく言葉に
「お母さんはど~~んと構えて」(違ってましたっけ??)という言葉があります。
「どーーーんと構えて」息子さんの未来を一緒に夢みましょう。

整理と対策ですが、長女の担当している受験生さんが学校から渡された教材だそうです。夕べ娘に確認しましたら「単元ごとにすごくまとまっていて、定期テスト対策にはいいよ。学校の授業のわからないところを時間内に教えてる。受験対策は1.2年の範囲を毎回手書きプリント(パソコン使えって・・・笑)で宿題として渡して、ご両親に採点をしてもらうって方法を今のうちはとってる。」・・そうです。

参考にならない娘の返答ですみません。
がんばりましょう。
 

たろさんや先輩からのバトン受け取りたいです

 投稿者:にーな  投稿日:2011年11月 6日(日)01時08分16秒
  たろさん長く続く避難暮らしの中でお嬢様方は とてもたくましく前進されているのですね
。きっとご両親のぶれない芯の強さがお子様にも受け継がれているのではと同じ親として見習わなければと思っております。
今年の4月に小河式に出会い息子に取り入れ同時に掲示板で悩みを書き込んでいたのがついこないだのはずなのですが、もっと前のような錯覚を感じております。ぶれまくり焦りまくりの親の私がこの掲示板や先生からの助言いただきながら気持ちを整え・・・・基礎編やモジュール本をコピーしては毎日すこしづつ息子に渡し、その繰り返しを本当にゆっくりと進んできました。(なかなかピッチが上がらない・・・)でも何でも3日坊主の親子が今回は細くですが続けていると思っています。
少しづつ子供も自信をつけてきて、相変わらず毎日の課題は私からだすことも多いですが、自ら自分の部屋で決めた時間に勉強するようになりました。以前の息子からしてみればすごい進歩なんです。課題にもすぐ取り組み自分のわからない問題も解説見ながら拒否せず取り組んでいるようです。 成績もゆっくりとですが上がってきました(それでもまだまだですが・・・)
希望校への成績にはまだ届きませんが、少しづつステップあがっていって欲しいと思います。成績優秀な甥っ子の話を聞いたりすると落ち込んだりもする芯のない親ですが、息子を見守っていきたいとおもいます。

ところで、「整理と対策」という本は小河先生の書籍で紹介されているの以前拝見した記憶はあるのですが、中3の受験勉強で取り組むといい本なのでしょうか?最近学校では移行単元などもあるようですが 関係なく使えるのでしょうか?
小河先生、たろさんのお嬢様、もしよろしければ教えていただけますと大変ありがたいのですが。
 

お久しぶりです

 投稿者:たろ  投稿日:2011年10月28日(金)09時50分48秒
  半年が過ぎ、少しずつ避難暮らしの生活にもなれてきました。先日二度目の一時帰宅もありましたが、娘達は連れて帰ることはできません。
希望の高校に入学した次女、狭いアパートなので自室がなくやはり学習環境に難あり(苦笑  震災をきっかけに一緒に住んでいる祖母が軽度認知を発症のため)毎日、朝30分早く登校、授業終わりに学校でそのまま課題と翌日の予習まで済ませることで学習時間の確保をしています。(学校側の課外授業もあるので)
「おねえのときより厳しいよ(涙)震災あったからレベル下がったっていわせないって先生方の気合が・・・」ぼやいてます。

壱岐の島高校留学・・いいですね。うらやましい環境だとおもいます。
娘に話してみようかな(笑)

長女は変わらず、大学生活とアルバイト生活を楽しんでいるようです。子ども園での補助員バイトと中学生の家庭教師の掛け持ち。(高校生の家庭教師もしていましたが、無事合格させたようです)中学生は受験生とのことで「目標たかく、規則正しい生活」と最初に話し、二人三脚で「絶対合格」目標ですって。テキストはもちろん「小河式」使用(すみません)
「整理と対策」と併用で一ヶ月目ですが着実に成果はでたと喜んでいます。生徒さんのお母さんからは「最近、父親と進路について本人が話すようになった。いままでは話もしなかったのに」と言っていただき「結構うれしいね。合格したら泣けるかも」と

先生やこの掲示板で皆さんからいただいた支えは娘達の中に確実に根付いていました。
こんどは、そのバトンを次に渡す時期なのかもしれませんね。
 

壱岐島へ高校留学

 投稿者:小河 勝メール  投稿日:2011年10月14日(金)16時29分33秒
  今週出版されたプレジデント「FAMILY」(2011、12)をご覧ください。
そこに壱岐島へ高校留学と言う記事が載っています。
その中の島前高校(どうぜんこうこう)が県外からの留学生を受け入れていると言う記事を読みました。高校は無料で寮費食費込みで月2万円。里帰りの交通費の半額も町が補助(上限3万円)。保護者がいなくてもとにかく自然がいっぱいで公立高校でじっくり学べるのです。しかも毎日丁寧な補習も行われ、卒業生26人のうち7人が国公立に合格。来年からクラス数は倍に増やされると言うことですばらしい成果が土台にあるのでしょう。
詳しくはプレジデント「FAMILY」をご覧ください。すばらしい青春のカットも満載です。
 

因数分解

 投稿者:小河 勝メール  投稿日:2011年 9月29日(木)01時31分27秒
  24=4×6ですね。24はこうして二つの数の掛け算に直すことができます。
これを因数に分解すると言います。8=2×4、6=2×3、どれも因数分解です。
ところで何かの式がZ×Y=0という形に書き直せるとき、Z=0か、Y=0ということになります。
もしもZ=2Xー6と言う形なら2Xー6=0だから2X=6だからX=3ですね。こんな風にして未知数のXが分かるのです。
こんな説明をしてもなんか分かりませんよね。どうもすっきりこない。でも考え続けてください。いつかきっと分かるときが来ます。これはねえ。人類が恐ろしく長い年月を掛けて積み上げてきたすばらしい成果なのです。高校生ぐらいになると「なんだそういうことか!わかったぞ!」と言う日がやってきます。
 

(無題)

 投稿者:ペプシ  投稿日:2011年 9月25日(日)14時34分39秒
  因数分解がよくわかりません。因数分解の基礎ってなんですか?  

レンタル掲示板
/132