teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 彼女、彼氏にビンタされた、したことある人(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


アドバイスありがとうございます

 投稿者:悩める母  投稿日:2012年 6月23日(土)19時10分1秒
  たろさん。アドバイスありがとうございます。私も、娘の苦手なところの問題を作ったりして教えています。塾にはいったことがありません。中学校の定期テストもがんばったのですが、それほど上がってはいません。やはり、子供のやる気だと思います。やる気がなければ、親からやらされているといった感じの勉強で、頭にはいっていないのだと思います。自分で考えてやることが重要ですよね。わかってはいるのですが、ついつい横から口を出してしまいます。たろさんは、朝から母と一緒の学習タイムを設定し、勉強をされたのでしょう。私も夜、その時間を少しだけとっていますが、仕事をしているため、毎日というわけにはいきません。伸びない子供はいないという言葉には勇気づけられます。私もそう信じて、小学校からやってきましたがどうしても伸びないので、やはり伸びない子供もいるのではと思ってしまうのです。たろさんのお話を聞いて、私も頑張ってみます。子供にあった、子供が考える勉強をするよう見守っていきます。  
 

悩める母さんへ

 投稿者:たろ  投稿日:2012年 6月20日(水)16時15分2秒
  横から失礼します。
高校2年と大学3年の娘をもつ母です。こちらの掲示板で娘2人ともほんとうに支えてもらいました。
失礼な言い方してすみません
「伸びない子ども」っていないと思うのですが、どうでしょう?
我が家の次女は長女に比べて文章の理解に時間がかかるタイプでした。いまでもそうかも(汗)決して長女ができるタイプではないにかかわらず・・です。
中学1年の時の成績表なんて悲惨なものでした(苦笑)
「どうしてなのか?」努力しているにもかかわらず・・です。
2年になったとき、まず最初にすべて見直しました。「ムリをさせていなかったか」「この子にあうやり方があるはず」気がついたのは「戻る」ことでした。
「高校入試までに間に合えばよい」・・小学校まで遡り1年かけて算数と漢字をやり直しました。小学校の算数「だけ」にしてしまうと本人のやる気が無くなる可能性があったので
「小学校の問題のなかに中学校の基礎問題を紛れ込ませる」「漢字は低学年の漢字の中に中学の漢字やちょっとちがう熟語を紛れ込ませる」という方法をとりました。
朝1時間早く起こして「母学習タイム」(30分のことも多くありましたが)
学校から帰ってきたら「自分タイム」学校との連携はなかなか厳しいものがありました。
3年で受験を考えるときに「おねーちゃんの学校に行く」と言い出し(@@;;状態の先生方。そのときの成績では絶対にムリだったのです。
何度も学校に呼ばれました。「志望校を変えてくれ」と。頑固な次女は「絶対にいや」の一点張り。私は「落ちて私立にいってもそれは本人が選んだこと。希望のところを受けさせてやってください。志望校変えて辞められるよりいいですから。覚悟は決めてます」
・・今思えばとんでもない親ですよね。長女の時も同じ台詞を言った気がします。
小河先生の「ど~~~んと構えて」を実践??(意味が違いますか??)
昨年、震災の直前に次女の受験でした。無事希望の学校に進学し高校生活をエンジョイしています。「震災と原発で合格発表をボードで見られなかった。あれがやりたかったのに」と時折話しています。

私が次女に文章題を教えたときノート1ページに1問書きました。
問題文をいくつかに区切って段階をおって考えるということを理解してもらうために。
コツをつかむと「すっきり」すると思いますよ(文章題は)

ノートは使いますが試してみてください。

いろいろお世話になった長女はいよいよ大学3年、就職活動も本格化してます。
何になるのかわかりませんが親は「口出しせず」に助言のみに徹することにしています。
「自分で希望するなら自分で努力しなさい。自分で選んだ結果ならなにがあっても自己責任」鬼の母親健在です
 

無題

 投稿者:キム  投稿日:2012年 6月19日(火)21時17分53秒
  中学の内容があまり理解できていない生徒を入学させる高校はおかしいと僕は思います。小河先生はどう思いますか?  

(無題)

 投稿者:高木  投稿日:2012年 6月18日(月)22時38分23秒
  未来を切り開く学力シリーズの小河式プリント中学数学基礎編を始めた高校2年です。

数学が苦手で、これからの事を考えたら、なんとか克服したいと思い、やり始めたのですが、百ます計算や、算数スピード攻略編も、出来ない部分も多いし、かなり時間がかかります。

このまま続けて効果はあるのでしょうか。
もっとレベルを下げてやり直すべきでしょうか。このままやり続けたら、数学は嫌いのまみで、諦めるしかないのでしょうか。

なにか、良いやり方があったら教えてください。努力が足らないだけかな・・・
 

もともとの能力があるのでは?

 投稿者:悩める母  投稿日:2012年 5月20日(日)12時39分24秒
編集済
  中学1年生の娘のことで相談します。中学入学後の実力テスト結果が返ってきました。テストがあることは分かっていたので、それなりに勉強してうけました。しかし、結果は、平均をいくものはなく、がんばろうもたくさんありました。娘はテストではできたといいます。でも、結果はいつも悪いのです。小学校時代から、理解力がなく、文章問題はその意味がわからないような状態だったので、一緒に勉強もしました。しかし、実力テストとなると平均をいくことはありません。本人は努力をしているのですが、しっかり理解をしておらず、すぐに忘れてしまうようです。このような状態で、中学校の勉強がとても不安です。塾にはいったことがありません。(集合学習は無理かなと思い)
現在、先生の書籍である「未来を切り開く学力シリーズ」で、3.3.3.システムを始めたところです。どの子も伸びるとよく聞きますがどんなに勉強しても伸びない子供もいるのでは・・と思ってしまうのです、それは、娘の上に3人の子供があり、その子達と比べると極端に理解力が不足です。この子に合わせて、小学校時代から、陰山先生や小河先生の本を読んで母親なりになんとか伸ばしてあげたいと実践してきたつもりです。小学校時代には、先生方の問題集をかって百ます、等の計算は徹底してさせました。その結果、計算ははやいようです。しかし、文章題となるとわからなくなってしまうようです。
私の考え方や方法が良くないのでしょうか?アドバイスをお願いします。
どんなに努力してももって生まれた能力があるように思えて仕方ないのですが?
 

プレジデントファミリー

 投稿者:小河勝  投稿日:2012年 4月25日(水)01時01分27秒
  プレジデントファミリー6月号(4月18日発売)に「小河学習館」のことが載りました。松下翔太君という小学校5年生の生徒です。読んでみて本当にその通りだなと思うことばかり。高橋さんという記者がまとめてくれたのですが、うまく編集されています。この方は元小学校の先生をなさっておられたのです。ですからお話されることがつぼをついた指摘ばかり、はじめはそのことを知らなかったのですが、後で聞いてなるほどと感じました。皆さん、ぜひご一読ください。  

カンガルーさん

 投稿者:小河勝  投稿日:2012年 3月25日(日)12時30分47秒
編集済
  早速の実践、いいですねえ。でも1年生から内申が記入されるとは厳しいですね。学年ごとの数字の大きさについての比率はどうなのでしょう。例えば奈良県では2年生:3年生=1:2です。と言うことは内申を60とするとそのうち40が3年生の内申の大きさということになります。しかし内申が1年生から決まるとなれば高校入試はすでに始まっているとみなさねばなりません。だからすぐに学校の授業への対策を考えましょう。
内申について触れておきますと気をつけねばならないことは特に美、音、技家、体の4教科です。どうしてもこの4教科については軽視をする傾向があります。これは間違いだと言うことです。
この教科は入試当日試験がありませんので学校からの内申点をもう一度当日の試験をしたと同じ扱いをする場合があります。ですからこの教科の比重がどうしても大きくなります。つまりこの教科を軽視してはなりません。ここには入試という問題もありますが、別の意味があります。宿題などの提出物、作品などへの心の入れ方は大事ですが、子供達を長く見てきますとこうした教科に熱中できる人はほぼ本質的な意味で非常に優れたユニークな仕事をする人だといえるのです。この問題は重要な内容をはらんでおります。ですから今後大きな研究テーマとなるでしょう。
ところで話を戻しますと、学校での中学2年生の一回目の試験は5月の20日過ぎです。このテストに対する準備ですが、数学は一次方程式を完璧にできるようやりなおします。「未来シリーズ小河式中学数学基礎編」を一歩一歩確実に積み上げてください。2年生のはじめは連立方程式です。これは一次方程式を完璧にマスターしておくと非常に楽にできます。
英語は今から2年生のCDつきの教科書の本文を毎日レッスン1だけを10回ずつ音読します。これで10日間すれば100回音読したことになります。そして毎日1回本文を別のノートに書きます。これは音読をしているうちに次第に見ないでいえるようになります。その段階で日本文をみながら書きます。はじめはスペルミスを繰り返しますが、次第に間違いはなくなります。こうすると自然に英語の本文は頭に入るでしょう。その段階で文法は非常に理解がたやすくなります。文法は「整理と対策」(明治図書)がお勧めします。これはアマゾンで取り寄せ出来ます。このやり方は「学力低下を克服する本」の中で詳しく述べておりますので参考にしてください。

 

始めました!!

 投稿者:カンガルー  投稿日:2012年 3月25日(日)00時39分55秒
  小河先生、お忙しい中、早急なお返事本当にありがとうございました。

3・3ドリルの4年生が届いたので、今日から始めました。

1. 3・3ドリルの1~3の本の1日目を全てしました。今日は3年生の復習だったのにも
   関わらず、間違いがありました。
2. 3・3ドリルの4年生の80マス計算をたす・引く・かけるの3つとあまりのない割り算
   10問を3回行いました。
3. 中学生基礎の1日目のステップAのみをさせました。正の数・負の数だったので全問正解
   でした
4. 中学生国語のステップ1が今日3日目だったのですが、3回目にひらがなだけを見て、
   全文書けて、娘は大喜びでした。明日から次に進むよと言うと、少し残念がっていました。

本来は百マス計算と中学基礎のステップBもさせなければいけないとは思うのですが、
とりあえず無理にない範囲でと思い、このような形にしてみました。まだまだ甘々な親です・・・

成績表が帰ってきて、英語4、それ以外は全てオール3でした。
私の住んでいる県では、1年生の成績も内申点に入ります(涙)
娘はこの成績を見て、3は平均だし、3だと高校に行けるって先生が言っていたし、
周りに2がついている友達もいるからと、変な安心感をもっています。困ったものです。

でも勉強は大嫌いと言いながらも。私が提案した上のやり方を渋々ですが、
取り組んでくれています。私が小河先生の本を読んでいると、
「母さんも、子供のためによくやるなぁー」と言われました。
あきれてるのか、感心しているのか、どういう意味なのかはわかりませんが、
この言葉は前向きにとろうと思っています。

もちろん2年生になるまで時間が無いのは承知していますが、とりあえずこのやり方で
やってみるつもりです。

また何かありましたら、相談にのって下さい。

本当にお忙しい中、ありがとうございました。
 

カンガルーさん

 投稿者:小河勝  投稿日:2012年 3月22日(木)01時37分4秒
  早速の実践、いいですねえ。
娘さんには勉強に向う限りは絶対に叱る必要はありません。親はいじらしさと切羽詰った感情に追われてせかし、急がせ、じれったくていらだちます。こんなことも出来ないのかとあせる感情が心の中にいっぱいになります。だから保護者や身内はなかなかうまく指導できないのです。分からないから聞いているのに”こんなことも分からないのか”と叱られる。かわいそうだと思いませんか。でもお母さんがこのこどもの気持ちを汲み取り、正しく自己コントロールできれば可能なのです。いや、世界中にこれ以上存在しないすばらしい先生になることができるのです。お母さんがニコニコして毎日少し離れた自分の近くで見守っていてくれる、こんな幸せな時間はないではありませんか。どうかこのことを忘れず、心からお子さんを愛して見守ってあげてください。
ところで小学校の基礎計算の問題は3・3ドリルと一緒にやってください。中学生になって小学校のドリルなんか、と思う方がいます。いや、ほとんどの方がそうでしょう。しかしこの捉え方が間違っているのです。その理由を教えてくれるのがチェックテストです。これをやってみて、90点以上取れない生徒は基礎を疑うべきです。何らかの弱いところがあると。70点を切ると相当危険領域です。60点を切るとこのままでは幾ら努力しても中学校の勉強を理解することは不可能です。
中学校の正の数、負の数と一次方程式のところは毎日平行して取り組みます。特に前日間違ったところは何回も繰り返して取り組みます。これを小学校の計算と平行して取り組んでいきます。出来れば春休み中の出来るだけ早い段階で完了させ、もう一度、正の数、負の数空やり直します。
二年生から連立方程式にはいりますがこれは一次方程式が出来ていないと出来ません。逆に一次方程式が完璧に出来ていると連立方程式はとても簡単です。だから春休み中に、遅くとも5月の連休明けまでには基礎編の教科書を2回ほど繰り返して完了させておいてください。それが終わって次のことへは入れるなら「方程式と関数」に取り組みましょう。
基本は
●100マス計算(2分を切る。1分半以下が理想)、割り算(A型1分以下、C型5分以下を目標。2分を切れば文句なし)、などの土台の計算技術を徹底して鍛えること。
●小学校の小数、分数、混合計算、%、比例などの計算領域の穴を完璧になくすこと。
●正の数、負の数、一次方程式を完璧に鍛えること。これは徹底して。
の三つです。
がんばってください。
それから「国語・中学基礎編」はとても効果のある教材です。ここに書いてあるやり方を忠実に実行してください。僕が中学校で勤めているとき、毎日200名ほどの生徒達に取り組ませ、実際に大きな成果を上げた実物です。だまされたと思って何ヶ月か取り組んでみてください。きっと力がつくことが分かるでしょう。なぜか。不思議なことですがそれはまたいつかお話しましょう。
 

ありがとうございました

 投稿者:カンガルー  投稿日:2012年 3月21日(水)23時06分58秒
  お忙しい中、お返事ありがとうございました。
早速チェックテストをさせてみました。散々な結果でした。しかし、予想していた通りだったので、娘を叱ったりはしていません(笑)
割り算の筆算をめんどくさくなって途中でするのをやめたようです・・・
やはり基礎計算力がないということですね。

「小河式3・3モジュール」の4年生もネットで3冊とも注文しました。届き次第、始めたいと思います。
この本と併行で勉強するということですが、その場合、小河式プリント中学数学基礎編では
先生の指示通り百ます計算だけさせればいいのでしょうか?
中1の範囲1次方程式攻略編はどうすればいいのでしょうか?

あと、国語の方も今日から始めました。
3回目はわからなくても見ずに、最後まで書けばいいのですか?
今日はわからなければ、答えを見ていましたが・・・

実は少し前から小5の妹が「小河式3・3モジュール」の5年生に取り組んでいますが、とても楽しいようです。
いい問題集をつくっていただき感謝です。

中1の姉も基礎学力がつくようにこれから一生懸命サポートするつもりです。
 

レンタル掲示板
/132